事業資金とは?目的によって異なる2つの資金


事業資金とはどんなもの?

事業資金とは、事業を行うために必要な資金のことです。事業を始めるためには、事業資金をどのように調達するか考えることが非常に重要になります。資金額は事業の種類によって異なりますが、少なくて100万円ほど、高くて数千万円規模の資金が必要になります。事務所をもたない小規模な個人事業などであれば、資金額は少なくても開業できますが、オフィス・店舗を借りたり、大勢の従業員を雇ったり、事業規模が大きいほど事業資金もかさみます。なお、事業資金には大きく分けて、「設備資金」と「運転資金」の2種類があります。

事業に必要な設備を整えるための「設備資金」

事業を始めるためには、さまざまな設備を整える必要があります。このような目的で使用する資金のことを、設備資金といいます。例えばオフィスや店舗などの内装を整える工事費用や、事業に必要な備品の購入費用などがこれにあたります。

当面の事業を行うための「運転資金」

事業を始めた後、取りあえず当面事業を行うために使う資金が、運転資金です。事業を行うためには、日々さまざまなお金がかかります。商品の原料を仕入れるための費用、消耗品を購入するための費用、オフィス・店舗の家賃、光熱水費、通信費、スタッフの給料…などなど、多くの出費が見込まれます。しかし、事業を始めたばかりの時期は、掛売りの代金が手元に入ってくるまで時間もかかるため、売り上げからこれらの費用を支払うことは難しいでしょう。そこで、運転資金で必要な出費をカバーしながら事業を回していくのです。運転資金の積み上げを誤ると、開業早々事業に行き詰まる可能性もあるので、しっかり必要な金額を計算することが大切です。

事業資金を確保する方法の1つに、投資による調達方法もあります。上場企業やベンチャー企業などに投資をしてもらうことができれば、返済不要なので安心して事業を始めることができます。